PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

電子タバコ 始める前に

10月よりタバコ値上げ、嫌煙豚やメディアによる禁煙への流れ

都市部では、禁煙場所がどんどん増え

肩身の狭い愛煙家たちも多いことでしょう


僕の周りの人達も、値上げくるしやめよう・・

そう思っている人は、多いようです。





ニコチンパッチや、ニコチンガム、電子タバコ

ここ数年で、禁煙ツールは結構売れてるんじゃないだろうか



パッチやガムなんかは、国産であったり、安全面に問題はないように思える。

電子タバコはどうだろうか?


メディアでは、「安全な電子タバコ」と紹介されている。


電子タバコとは、カートリッジ内の液体を、霧化装置でミスト化し、それを吸引するデバイス




・カートリッジ内の液体(リキッド)の安全性

主によく使用されている成分として


・グリセリン
毒性はほとんどなく、利尿薬、脳圧降下薬、浣腸液、目薬など様々に用いられる(wikipediaより抜粋)


・プロピレングリコール
生物への毒性が低く、保湿剤、潤滑剤、乳化剤、麺やおにぎりなどの品質改善剤等に用いられる。



その他食品添加物etc


国産は、なんとなく大丈夫そうな気もする(しかしノンニコチン)

中国産は、その他がアヤシイ。
なにが入ってるのかわかりません

このへんは、国産と中国産の信頼性への問題


グリセリンやプロピレングリコールをミスト化し、それを吸引する

これを長年続けて問題がないかどうかもわかりません。




国産は成分的に安心できても、ニコチンが含まれていない。
海外品は、成分が少し不透明、ニコチン有




・禁煙のカギとなるニコチン

電子タバコ吸ってても、ニコチン入ってたら意味なくない?

そう言われます。


タバコ:ニコチン、タール、一酸化炭素(200種の発がん性物質)

電子タバコ:ニコチン、グリPG、不透明な添加物(データ不明)


ニコチン自体には、発がん性はないらしい
タールは破壊力ばつ牛ン!!


ぶっちゃけ、ノンニコチンの電タバ吸っても、禁煙効果はほぼないことでしょう。
※友人H君の話では、吸った気がしないらしいです
※同職場の人は、ノンニコでも、タバコの本数が半分ぐらいになったと言ってました。



そんなわけで、電子タバコは「絶対安全!」とは言い切れない

その上でもタバコより、電子タバコのほうがマシだろう

ってことで吸ってる人は多いんじゃないかな


     ↓イマココ
タバコ→電子化→ノンニコ→電タバ卒業


でもタバコも、電子タバコも嗜好品
楽しみがひとつなくなっちゃうのはなー

自然とやめられるようになるのが、一番理想的なんだけどね

スポンサーサイト

| にっきとか | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seafront.blog63.fc2.com/tb.php/256-7c74f50e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。