PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tiny Titanium

4機種目私的れぽ
またもやブルシグさんで!

TTpcc.jpg




今回のPCCはゴールドです
成金っぽい!

まだ保護シートはがしてなかったりします。
しかし予想以上にキレイな金ピカ





なんでTTなの?


●アトマ、カトマ

以前購入した510、煙量は非常に満足していたのだけれど
アトマさんがデリケートな気がするんです

リキ切れ時のイガイガ、出力高めなゆえのコゲツキ

atmhikaku.jpg

筒の中に入れることでカートリッジ容量を増やすかわりに
非常に目視しづらく、状態が掴みにくい


でもタフなんだよね、510アトマ
リキ供給していると思われる、ファイバーが切れたりしたけどなんとか煙(ミスト)だします。



TTアトマはM401と同じく、むき出しのタイプ
私的にはむき出しのほうが使いやすくて好みです

TTカトマはあらかじめ先に買っておいて、1週間ほど使用してみた感じ
イガイガはほとんどありませんでした

分解してみると綿焦げてたのに!ふしぎ!

2ピースは初めてだったし、カトマが良さそうだったらTT買おうと思ってたのです


アトマはマイクロテストチューブにドブヅケ
カトマはシリコンキャップでチャージ

ざっくり使えるのがイイ

煙量も510より少し少ないけど、なかなかなモーモー!

カトマは1本150円とコストも安めなので、もったいない病の僕としては捨てやすくて助かります・・




●サイズ

hikaku.jpg
左からeGo→510→M401→TT→リアタバ

TTのセールスポイントである「リアルタバコサイズ」「咥えタバコ」
手持ちのリアルタバコが、KENTナノテックしかない・・

長さは一緒でした

太さはフツーのサイズを覚えてないぐらい吸ってないのでわかりませんけど
確かにこのぐらいだったかな?

重さは他機種に比べると、やはり小さい分軽い

それでも咥えタバコするには、ちょっとだけ重い
でも歯で噛めば全然イケル

吸い口がフラット型ならもっと楽そうだけど




●バッテリー

調べてみたところ

ブルシグさんで売ってる510の70mm仕様の容量が200mAhぐらい
TTバッテリは、半分の100mAhぐらいだそうです。

使用時間は、電池容量2倍だし510が2倍ほど長く使え、その分充電も2倍かかる

逆にTTは使用時間、充電時間共に半分

510の充電時間が約2時間、TTが1時間ほどらしいです。


仮に電池を使い切ってしまうと、2時間は結構長い・・・
スペアバッテリを持ってまわれば解決する問題なんでしょうけどね


そのスペアバッテリー!

TTだとPCCにもう一本入っちゃう!!
PCC70.png
※諸事情により、TTと一緒にきた金PCCを510用に、先月購入した510PCCをTT用に使っています。


TTのPCC
510(70mm仕様)のPCCと同じです。
そのままではバッテリの長さが合わないため、スポンジが入ってました。

PCC内にもう一本バッテリーが入るのはイイナァ!

TT入ったPCCとリキッドボトルだけで外出できちゃう><



●バッテリその2
TinyTitaniumバッテリーはオートタイプです。

401や510オートタイプは、湿気にすら弱いと言われるマイク・コンデンサな気流センサー
(ぼくの401も徐々に劣化してるような気がする)


対するTTの気流センサーは機械式
吹き戻しぐらいじゃ壊れないぜ!!らしいです

オートの弱点は気にしなくても良さそうかな?

吸引の感度もなかなか良かった




510やM401はきっとベンチ入りする!

エゴさんは安定


そろそろエゴさんでLR機器使ってみようかな!

でもその前にまだ残ってる牛丼レギュラーを401で吸う作業をつづけるんd・・
(TTアトマで吸ってみても、やはりマズくなりました)



牛丼レギュラー
401だとウマイんだけどな;
スポンサーサイト

| にっきとか | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seafront.blog63.fc2.com/tb.php/263-9898f44e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。